傾聽各國草根真實聲音,縱論全球平民眼中世界
龍騰網首頁 -> 國外新鮮事 -> 正文 Tips:使用 ← → 鍵即可快速瀏覽其他文章
【日語】調研消費稅上漲拉升北海道拉面價格,恐導致拉面消費者流失
2019-06-13 souryuu 4033 0 0  

少子高齢化などを背景に消費の減少傾向が続く中、昨年秋の輸入麥価引き上げに伴う麺納入価格の値上げや10月に予定される消費増稅、折からの人手不足問題など、北海道內ラーメン店を取り巻く環境は厳しさを増している。

少子高齡化背景所導致的消費減少趨勢中,去年秋季采購小麥價格上升導致面條采購價格上漲,以及預計在10月實施的消費稅增加、勞動力不足等問題,使得北海道拉面店經營面臨著嚴酷的環境。



旭川の老舗店
食材の値上げ、人件費高騰も重く

食材價格上升,人工費高企的重擔





今、札幌でラーメン価格の主流は750~850円。「ただでさえ高いといわれる中、増稅で値上げになると消費はさらに落ち込む」(製麺業者)と、消費者のラーメン離れを危懼する聲も少なくない。

現在,札幌拉面的主流價格在750~850日元左右。擔心客戶不再光臨拉面店的經營者們擔憂的表示:“都已經賣這么貴了,再增稅的話銷售量肯定進一步下跌”。



札幌の人気店
ちなみに道內1世帯當たりのラーメン(中華そば)外食年間支出金額(総務省統計局家計調査)をみると、10年前の2008年に6511円だったものが、2018年では6311円と200円の支出ダウン。

順便一提,由總務省統計局家計調查課提供的數據,道內飯店銷量第一的拉面品種“中華蕎麥面”,10年前的2008年消費客單價是6511日元,2018年只有6311日元,便宜了200日元。





某チェーン社長は、「北海道遺産にも認定されている北海道のラーメンだが、個人経営の店が圧倒的多數を占め、産業構造は極めて脆弱(ぜいじゃく)。若い人が夢と希望、誇りを持って働ける環境にしなければ未來はない」と業界の地位向上を訴える。

某上市公司的社長總結道,必須提升行業地位才行:“北海道拉面被認為是北海道的傳統文化特色,但是大部分拉面店都是抗風險能力脆弱的個體戶類型。這樣的工作環境無法為年輕人提供夢想與希望、自豪感。


店主の人柄やこだわり、どんぶり一杯に凝縮

經營者的個性和堅持,精華結于一碗之中





100人いれば100通りの好みがあり、作り手の數だけ味がある。店主の思いやこだわり、うまみが凝縮されたどんぶり一杯に人々の味覚を刺激し感動させる魅力が詰まっている。

眾口難調,廚師的品味也是一樣。經營者的個性和感懷,以凝結在碗中的鮮香,給食客帶來感動和刺激,這就是拉面的魅力吧。


※日本食糧新聞の2019年6月3日號の「北海道ラーメン特集」から一部抜粋しました。

※日本糧食新聞2019年6月3號的<北海道拉面特輯>之題記
 
黑龙江时时彩视频