原創翻譯:龍騰網 http://www.effitb.tw 翻譯:BErind 轉載請注明出處?



2020年東京五輪?パラリンピックに向け鉄道のテロ対策を強化するため、政府が今年中にも、駅での危険物所持検査の実証実験第2弾を実施する方針を固めたことが29日、関係者への取材で分かった。新幹線の東京駅を含む2カ所で、爆発物の探知能力がある犬や危険物を検知できる裝置の投入を想定している。

本月29日,據知情者透露,為了預防針對2020年東京奧運會、殘奧會的恐怖襲擊,政府決定在今年內進行車站安檢方案的第二次試驗。計劃在包括新干線東京站在內的兩個場所中,派遣能嗅探爆炸物的警犬,并配備危險物探測裝置。


政府は昨年6月の東海道新幹線殺傷事件を踏まえ、鉄道の安全強化を図っており、五輪?パラ期間中の検査導入を目指している。東京駅には訪日外國人客を含めた利用者が集中する。今回の実験では、検査によって乗客のスムーズな動きが妨げられないかどうかなど具體的な課題を探る。

政府吸取去年6月東海道新干線殺人事件的教訓,希望強化鐵路運輸的安全性,計劃在東京奧運期間導入安檢制度。東京站包含了大量國外訪客在內的乘客。本次試驗將主要檢驗安檢措施對于乘客旅行的順暢性的影響。


東京メトロ霞ケ関駅で行われた乗客の危険物所持を調べる検査の実証実験。改札機付近に設置したボディースキャナー(手前)で人や物が発する電磁波を検知する=3月

在東京地鐵霞關站執行了針對危險品的安檢試驗。在閘機前安放了一個可以掃描人體和物品發出的電磁波的掃描儀。(根據照片所示,目前只是在閘機前設置了一個掃描儀掃描過路的乘客,而非嚴格的行李掃描+安檢門制度)